« NサイズCAT6020風を小細工 | トップページ | 30cm×30cmのレイアウトを小細工 »

2018年5月17日 (木)

NサイズCAT6020風を小細工その2

6020風小細工の続き
同じような小細工を何回もしていますので、新鮮味もなく画像も残してません
なので、サクサクと

P1120643 P1120644
キャブベースと車体右側にある作動油や燃料タンク(たぶん?)があるベース
前の小細工で、プラ板だけで外側を小細工したところ、経年劣化で変形や接着の剥がれ等があったので、今回もプラ棒を詰めて強度を上げてます

P1120647 P1120648
無限軌道と旋回架台
軌道は、いつもの様にエバーグリーンのパテンとプラ棒で小細工
旋回架台の旋回ベアリングはアロンアルファーのケースから切り出して

P1120645 P1120646
上部架台と旋回架台を仮組
各パーツは、「組むぜ」遊びや収納を想定してますので1mmビスで組んでます

次回で完成です

« NサイズCAT6020風を小細工 | トップページ | 30cm×30cmのレイアウトを小細工 »

Nサイズ鉱山機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557816/66679839

この記事へのトラックバック一覧です: NサイズCAT6020風を小細工その2:

« NサイズCAT6020風を小細工 | トップページ | 30cm×30cmのレイアウトを小細工 »