« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月27日 (水)

NサイズでCAT789ダンプを

日立のEH3500風を小細工したので、流れでCAT789風を

Photo Photo_2
CATのHPへ行ってカタログを仕入れます
カタログにある寸法図からトレースしてロボカット用の図面を
花子でトレースしますが側面図と正面図を同時に拡大縮小をかけると、縦横の寸法が合わず上手くいきません
側面図と正面図の縮尺が少し違っているようで、止む無く別々に拡大縮小をかけているので小細工の段階で寸法違いがいが出ましたが強行してます

P1120490 P1120491
ベッセル
カタログは複合傾斜ボディのようですが、底板の傾斜を小細工すのが面倒そうなので、簡単そうなCATXボディで

P1120492 P1120498
メインフレーム
プラ板から切り出してデフを接着してますが、デフの形状にミスがあり後で修正してます
エンジンと変速機も小細工しましたが、組むとあまり見えないので無くても問題ないと思いましたが、拘ってます

P1120505 P1120502
フレームにエンジンと変速機、タンク類を組んでリヤアクスル系にサスペンションなども
タイヤはEH3500の小細工でR57を型取りしたのでこれを流用

P&H2300やEH3500の大型に類する鉱山機械を小細工していると、プラ板やプラ棒の減りが妙に早いような気がします
実機でもこんな感じで材料を多く使っているのだろうから億単位のお値段もしょうがないのかと意外なところで納得しています。

次回は塗装とほぼ完成まで

 

2017年12月20日 (水)

Nサイズで180t積のダンプトラックを小細工その3

ロープショベルで遊ぼうと65tダンプを組んだ時、どう見ても合わないので180tのダンプを小細工してみましたがようやく完成です
もう少しサクサクアップするはずでしたが、途中北へ行ったり南へ行ったりと日本縦断をやっていた関係でダラダラアップになってしましました

P1120444 P1120443
オペキャブ
参考画像などを見てると、計器はデジタルで画像表示を採用しているようなのでそんな感じに小細工してみました
キャブをのっけて
何時もに様に取外してオペさんの乗降が出来ます

P1120445 P1120447
マフラーを忘れていたので急きょ小細工
出来たパーツを組んで

P1120454 P1120455
手摺や階段を組んで、前照灯と後退灯や停止灯も小細工
手摺は28番鉄線の半田付けを試しましたが、柔らかすぎてイマイチなので、26番線に変更
実車の前照灯は角形ですが、ピンバイスで前照灯位置に穴をあけクリアーシルバーで塗装した1㎜プラ棒を差し込む方法なので丸型です
後退灯や停止灯はプラ板にマスキングしてクリアーレッドやオレンジで塗装して貼付け
EH3500はディーゼル発電電気駆動なので、いろいろ制御機器があるようでそれらがキャブフロアーに並んでいます
カタログでは交流制御盤や冷却装置なんかが並んでいるようです

P1120461 P1120458
正面から
P&H2300ロープショベルと組んで
やはりこのぐらい大きくないと様になりません

年金生活になったのでもっと小細工が出来るかと思っていたのですが、1台/月のペースは変わっていません
まあ、このぐらいのペースが良いのかもしれませんが
次回のネタも180tのダンプで行きます

2017年12月 9日 (土)

Nサイズで180t積のダンプトラックを小細工その2

180t積ダンプトラックの小細工その2です
この小細工ですが、何せ実車の資料があまりないのですが結構サクサクやってます
見えない所は想像力でやる訳ですが、逆に面倒そうな所なところは適当に手を抜いて小細工するので結果的にサクサクできます
まあ、こんな感じなので出来も想像できますが

P1120420 P1120421
タイヤ
カタログデータではラジアル37R57なので37/80/R57で想定
換算表では1/150サイズで直径20.3㎜幅6.3㎜のようですが、当然手持ちは無いのでHO余剰パーツの在庫からそれらしいタイヤを探してパテで複製します
手持ちでは直径18㎜が最大径なので1㎜厚のゴムシートを巻いて20㎜にしておゆ丸で型取り、パテを流して複製します
ゴムシートでトレッドが消えているので、型取りしたパテ製タイヤにルーターでトレッドを適当に彫り込み、これを原型にして複製
計算上は直径20㎜のタイヤが出来上がるはずでしたが、出来てみると直径19㎜
パテで原型を取り、さらにパテで複製したのですが、ヒケの計算が甘かったようです

P1120428 P1120429
一応、車体を仮組して組ん見たのですが、御覧の通りどう見ても不格好なのでやり直し
元の原型に更に1㎜ゴムシートを巻いてパテ製タイヤの原型にして
左がやり直し版、右が元のパテ製原型で何とか20㎜を確保

P1120433 P1120431
タイヤも出来たので車体を組みます
組んで仕舞うとエンジンもジェネレータも見えないのですが、この辺はこだわりと言う事で
メインフレーム、ベッセル、ラジエータハウジング、エアフィルター、リヤアクスル、フロントタイヤハウジングやら主なパーツを組みます

P1120435 P1120441
組んだ車体を塗装、タイヤも組んでみます
60tのEH1100と並べて、ついでにオペさんにも立ってもらいます
並べるとそれなりに見えない事もなさそうですが、本当にこうなのかは全く自信無しです

後はキャブや制御盤なんかを組んで完成です

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »