« Nサイズでロープショベルを小細工その2 | トップページ | Nサイズでロープショベルを小細工その4 »

2017年9月10日 (日)

Nサイズでロープショベルを小細工その3

1/150サイズのP&H2300XPC風の小細工ですが、既報の通り一応終わってます
追加の小細工も考えていますが、まだ手を出していません
そんなんで、その3です

P1120337 P1120339
足回り
クローラーフレームはロボで切り出しプラ棒で補強、誘導輪と駆動輪はプラパイプ、シューはエバーグリーンのプラ板(パテン)を曲げて
旋回ベースは強度を確保するため、プラ棒と1㎜プラ板を組んで小細工

P1120348 P1120343
画像とか動画などを見てると、駆動輪側にファイナルギヤーボックスがある様なので、これもプラパイプで小細工
旋回ベースに、愛用の鼻炎薬のキャップをカットしてセンタサークルを、後ろ側に駆動用電源装置(たぶん)を取り付け

P1120342_2
ベースに足回りとマスト、作業機を仮組
ディッパーハンドルラックの位置決めをしてます

P1120345 P1120344
マスト支持ブライドル用の足場
エバーグリーンのH2㎜で適当に組んでます

動画を見て780t、20m3のショベルには60tダンプはいかにもミスマッチと思われ
次のネタは150t積ダンプだろうと思っていますが、P&H2300の追加小細工の方も有り
なかなかご紹介とはならないかも

 

« Nサイズでロープショベルを小細工その2 | トップページ | Nサイズでロープショベルを小細工その4 »

Nサイズ鉱山機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557816/65719636

この記事へのトラックバック一覧です: Nサイズでロープショベルを小細工その3:

« Nサイズでロープショベルを小細工その2 | トップページ | Nサイズでロープショベルを小細工その4 »