« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月27日 (水)

Nサイズでロープショベルを小細工その4

9月半ばから北の大地に帰省してきました
向こうで用事もあったのですが、時間に余裕があり少しは楽しめるかなと思っていたところ
おり悪く台風の直撃を食らい、秋の味覚を味わうこともなく実家で大人しくする羽目に
昔は9月半ばと言えば、もうストーブの時期になっていたように思うのですがほとんどお世話になりませんでした
これも温暖化の影響ですかね

Nサイズでロープショベルの小細工の続き

P1120346 P1120347
ブライドル用のホルダー
2.4mmのプラパイプと凹3㎜プラ棒で小細工
マスト側にもブラケットを

P1120350 P1120352
ディッパーハンドルにディッパー固定用シャフトを付けて
ディッパーハンドルのブラケットにホイストワイヤーのガイドを小細工

P1120354 P1120353
上部架台のボディ
ロボで切り出した型にプラ板を接着して組んでます
小細工が適当なのでなかなか決まりませんでしたが、得意の現物合わせを駆使して

P1120355 P1120359
パーツ一つ一つは大きいのですが、パーツ数ははキャブを除くとこんなところ
塗装して組んで
この時点ではホイストは手動巻き上げですが、この後に遊星ギア付きマイクロモーターをAmazonで見つけて電動巻き上げに

アップをだらだらやっているので、しばらくこれですがご容赦

2017年9月10日 (日)

Nサイズでロープショベルを小細工その3

1/150サイズのP&H2300XPC風の小細工ですが、既報の通り一応終わってます
追加の小細工も考えていますが、まだ手を出していません
そんなんで、その3です

P1120337 P1120339
足回り
クローラーフレームはロボで切り出しプラ棒で補強、誘導輪と駆動輪はプラパイプ、シューはエバーグリーンのプラ板(パテン)を曲げて
旋回ベースは強度を確保するため、プラ棒と1㎜プラ板を組んで小細工

P1120348 P1120343
画像とか動画などを見てると、駆動輪側にファイナルギヤーボックスがある様なので、これもプラパイプで小細工
旋回ベースに、愛用の鼻炎薬のキャップをカットしてセンタサークルを、後ろ側に駆動用電源装置(たぶん)を取り付け

P1120342_2
ベースに足回りとマスト、作業機を仮組
ディッパーハンドルラックの位置決めをしてます

P1120345 P1120344
マスト支持ブライドル用の足場
エバーグリーンのH2㎜で適当に組んでます

動画を見て780t、20m3のショベルには60tダンプはいかにもミスマッチと思われ
次のネタは150t積ダンプだろうと思っていますが、P&H2300の追加小細工の方も有り
なかなかご紹介とはならないかも

 

2017年9月 1日 (金)

Nサイズでロープショベルを小細工その2

一応形になった物を先にご披露したので、後追いになりますが小細工の続きを

P1120324 P1120326
マスト
トレースから切り出して、プラ棒で補強
強度確保のため、□2㎜プラ棒を接着し、切り出した方に合わせて隙間が出ないよう小細工出っ張った所はハイパーカットソーで形を整えてます

P1120334 P1120333
シーブ
奥さんからシーブに使えそうなレジン細工用パーツの歯車を頂き、歯車部分をやすりで落としてから、02㎜プラ板を接着して
1/150作業員さんと比べもてわかりますが、予定よりサイズオーバーに
奥さんも、こちらの都合に合わせてパーツを仕入れているわけではないので贅沢は言えませんが、も少し小さいのがあればベストマッチだったかな

P1120335_2 P1120336_2
ディッパーハンドル(確かこんな名前だったような)とホルダー
カタログの寸法図では、マストとホルダーの取り合いがよく判らなかったので、別々に小細工して後で位置合わせをします

積込作業の動画も載せてみましたが、オペレーターが不慣れでグダグダ操作に
ダンプも60t積しかないので無理やり組み合わせてみましたが、どう見ても不釣り合いに
この小細工一応形にはなってますが、もう少しいじってる予定です

次回は足回りなぞ

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »