« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

Nサイズロープショベル小細工号外

NサイズP&H2300ロープショベルの小細工をアップしている途中ですが一段落したので号外をアップしてみました

P1120404

j実機は、ディッパー先端まで長さ20m、マスト先端までで高さ16m、重さ780t
1/150にするとこんな感じで手のひらサイズに
これでも、Nサイズにすると相当デカい
ハウジングも大きいのでミニモーターを仕込んでホイストと旋回が出来るようにしてみました

動画も撮ってみました

小細工の様子は追い追い

2017年8月25日 (金)

Nサイズでロープショベルを小細工

EX1900の改修で、ついでにローディング用の作業機を小細工してみましたが
この時、まだ大型油圧ショベルが一般的でなかった採石屋さんの新入社員時代に機械式のP&H1055Bやディーゼル発電機を搭載した電気式のP&H1400DEのロープショベルが現場にあったことを思い出しました
バックホータイプに対しローディングタイプはフェイスショベルと言いますが
これの典型がロープショベルで、最も古いタイプの大型積込機ですが、なかなか魅力的な鉱山機械だったように思います

で、一念発起してロープショベルを小細工することに
かつての2大メーカーP&Hとビサイラスは両社とも買収され小松とCATの傘下のようですが、小細工のネタはやはり新社員時代に慣れ親しんだP&Hに
例のごとくメーカーさんのHPに行ってカタログ入手
4100XPCはモデル化もされていて小細工には都合がいいのですが、ディッパー容量が50m3越えで、どう見ても採石屋さん向きではないように思え
20m3程度の2300XPCに、10m3の1900ALもありますが見た目がいまいち
なんとなくキャブが4100XPCぽい2300XPCに
これでも大きさ的には採石屋さんには分不相応なのですが

Photo Photo_2
2300XPCのカタログと主要寸法データー
主要と言いましたがこれで全部です

Photo_3 Photo_4
Nサイズでのトレース
花子のレイヤーにカタログか寸法図をフラッシュショットで張り付けトレース縮小してサイズを1/150に合わせてます
キャブと旋回架台もとトレースしてからNサイズのトレースから寸法を割り出し合わせます
こんな方法なので当然誤差大です

P1120321 P1120323
ディッパー
側面の寸法はトレースから取れますが幅は不明なので、実寸でほぼ20m3になるよう適当に決めました
サイドのRはプラパイプをカットした残りがあったのでこれを、曲線が多いので主には0.5㎜プラ板を貼り合せてます
プラだけではディッパーが自重で下りないので、底板に釣用板重りを使ってみました

P1120329 P1120331
ディッパー用のボトムプレート
ディッパーのヒンジとビス止めにして開閉式に
1/150の作業員さんと
相当デカい

この2300XPCは、ほとんど資料がありません
4100XPCの1/50モデルの画像を見たり、動画を見たり(4,5本しかありません)で細部はほとんど想像の産物ではないかと思っています
それらしくのレベルですが、手を付けてしまったので

2017年8月17日 (木)

NサイズEX1900ローディングタイプでチョイとお遊び

世間はお盆も明けて、なんとなく落ち着いてきたようです

現役で採石屋さんをやっていた時は、まとめて休みが取れるのはお盆と正月だけだったのでいろいろ雑事がありそれなりに忙しくしてました
リタイヤで今年はのんびり過ごす予定でしたが、お盆前に肺炎球菌のワクチンを接種すると熱は出るわ、腕は腫れて痛いわ、おまけにぐらついていた奥歯がいよいよいけなくなって歯医者に駆け込むわで散々

というわけで、アップは今日に

P1120280 P1120282
EX1900ローディングショベルを現場に持ち込んで積み込む作業を
相手が60t積ではベストマッチとは行きませんが、これしかないので

P1120317
ひとしきり遊んだので分解して収納
何せ展示スペースが限られているので、次の車両に駐車スペースを譲らなければならず、こんな感じでオールテレクレーンとか大型のクレーンは100均のケース行きで、ついに建機も100均ケース行きが
それにしても、もう少しスペースが有れば、Nの鉄道模型や1/150のいろいろを全部並べて、その前でコーヒーを飲むという夢が叶えられるのですが

P1120330_2  P1120343

これ、ローディングショベルの作業機を小細工している時に思い付いた小細工です
画像は作業機と走行架台ですが結構デカい
実機は780tだそうです

この小細工もおいおいご披露したいと思います

2017年8月 6日 (日)

NサイズEX1900をローディングタイプ完成です

暑い日が続いて、還暦を過ぎた身にはことほか堪えますな
なるべく閉じこもってジッとしてますが、たまには用事もこなさなければならず
いやいや出かけますが、帰ったとたんぐったり
まあ、リタイヤしたのだから、今はこの状況も楽しんでます

ローディング用の作業機ですが、今回で完成です

P1120262_2 P1120258_2
ローディングの作業機で、小細工前に一番頭が痛かったのがバケットでしたが
カタログの図面を眺めていたら、ビス止めで意外と簡単にできそうなのでやってみました
構造としては、カッティングダンパーと同じなので、プレートとダンパーのヒンジを1mmビスで止めることにして、プレート側に□2mmプラ棒を接着、後は適当にプラ板を重ねてます

P1120259
出来上がりは、いささか不細工ですがこんなもんで妥協します

P1120260 P1120261
レボフレームとブームシリンダーはバックホーと共通にして省力化(手抜きともいう)
口を開けたところは、昔のアニメのヤターワンを彷彿させます

P1120264 P1120267
塗装して組みます
一応日立の60tに積込して完成

前回も書きましたが、ローディングはほとんど実車を見ることがなかったのですが、小細工してみるとなかなか格好がよろしい
今までの採石屋さんならPC2000のローディング化となるところですが、リタイヤした採石屋さんはひと味違う
同じフェイスショベルでもちょいと変わったものを始めてます

そちらの方は追い追い

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »