« NサイズEX1900を大修繕 | トップページ | NサイズEX1900を大修繕その3 »

2017年7月13日 (木)

NサイズEX1900を大修繕その2

あつ~
九州は梅雨明けとか
関東も、空梅雨のまま明けそうな暑さです
老体は、熱中症対策で小細工部屋に引きこもってます
やる事もなく、不定期アップ

作業機の小細工から開始

P1120223_2 P1120224
ブームとアーム
前回は厚みの寸法の詳細が不明で、適当に小細工したのですが、レボフレームに組もうとするとブームシリンダに当たりが出てレボフレーム側にブラケットを増設する羽目に
今回は、寸法の詳細は不明ですが、レボフレームの寸法に合わせて小細工
アームもブームの寸法に合わせて
バケットとバケットリンクは使えそうなので流用

P1120225 P1120226
パワーユニット
ラジエター部分は寸法違いもありますが、色々とこだわって
ラジエターのコアはフィシャーズの超極細網目メッシュを採用、0.5㎜プラ棒で枠を組んで1㎜プラ板に接着、画像右のコアにはエアコン用コンデンサーも仕込んでます
ほとんど見えませんけど
基本構造は3㎜プラ棒、1㎜プラ板で組んで、ウエイト代わりの釣り錘を仕込んで

P1120227
最後に外側にロボでカットした0.2mmプラシートを接着して出来上がり

P1120229 P1120228
カウンターウエイトも少し手を加えて流用
足回りは寸法チェックの結果、高さがNG
一旦履帯を切って再調整

この小細工は、珍しく方針有りで、拘りも見せているのですが、如何せん画像を残していない
参考にする人はいないと思いますが、サラッと流すことになりますので、悪しからず

« NサイズEX1900を大修繕 | トップページ | NサイズEX1900を大修繕その3 »

Nサイズ建設機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NサイズEX1900を大修繕その2:

« NサイズEX1900を大修繕 | トップページ | NサイズEX1900を大修繕その3 »