« NサイズEX1900を大修繕ほぼ完了 | トップページ | NサイズEX1900をローディングタイプ完成です »

2017年7月30日 (日)

NサイズEX1900をローディングタイプに

夏休みシーズンに入り、かつての通勤経路は連日渋滞のようですが、解放されて2年目になるとそれも結構懐かしいような
シーズンとは言え、世の中こんなに暇な人が多いのかなどと愚痴ってましたが、その暇な人になると許せるような気がしてくるので勝手なものです
それでも、まだ人込みに飛び込む元気はないので、オタクしてます

EX1900のカタログに、ローディングタイプの作業機の仕様が有ったので小細工
PC2000のカタログも有りますが、コマツのカタログはスナップショットが出来ずトレースが面倒で見送り、出来る方のこっちで

Photo Photo_6
ローディングタイプの作業機とトレース図

P1120255 P1120256
トレースからロボ用の図面を起こしプラ棒で補強
ブームとアームは、形状が比較的単純なので、3㎜と2㎜のプラ棒をロボで切り出した台紙に張り付けてからハイパーカットソーで切り出しています
実機のブーム寸法は、バックホーとローディングでは幅が若干異なるようですが、レボフレームを使い回したいので小細工では同じにしてあります

P1120257 P1120263
油圧シリンダーのブラケット
ブームシリンダとバットシリンダー、アームの3つがこれ1つにまとめてます
ブームとアームにアームシリンダー用のブラケットも小細工

新入社員だった40数年前に、UHのローディングタイプを使ったことがありましたが、後にも先にもそれ1台きりで、その後はバックホータイプばかりだったのでブラケットがこんな感じだったのか、全く覚えておりません
運転重量100t以下だったので、掘削力も小さく、補助のブルドーザーが必要であまり効率が良くなかったような気がします
砕石では、歩留まりを考え破砕原石が小さくなるような発破はせず、比較的大きめになるような発破設計なので、掘削力が比較的出るバックホーが圧倒的に多く使用されてます
実機にしろ模型にしろローディングショベルを手にするのは数十年ぶり

作業機だけなので視界は早くも完成



« NサイズEX1900を大修繕ほぼ完了 | トップページ | NサイズEX1900をローディングタイプ完成です »

Nサイズ建設機械」カテゴリの記事

コメント

バケットがどうなるか楽しみな形状です。

私は夏休みに入って電車が空いていて、出庫車に並ばずに座れる時期になり、通勤は嬉しい限りです。通常は座るために出庫車を出発の20分前から並んでいます(^^;

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557816/65505917

この記事へのトラックバック一覧です: NサイズEX1900をローディングタイプに:

« NサイズEX1900を大修繕ほぼ完了 | トップページ | NサイズEX1900をローディングタイプ完成です »