« NサイズPC1250で遊んでみよう | トップページ | NサイズEX1200を小細工 »

2017年5月30日 (火)

NサイズPC2000を修繕

PC1250を小細工したので、コマツのPCシリーズを並べてみましたが、あちこち狂いが出ていささかひどい状態のPC2000を修繕
記録によれば、これの小細工は13年8月のようで、大方4年経ってます
大量の接着剤と薄いプラ板で小細工し、旋回架台と上部架台をビスで繋いでいる関係で、ベースが反ってます
と、言うことで修繕を

P1120144 P1120146
バラします
小細工が面倒そうな作業機やキャブなんかは極力流用
主に上部架台廻りを補強します

P1120147 P1120149
バケットも歪みが出ているので、パテで補修
ベースプレートは1mmのプラ板にリブとプラ板で補強

P1120150 P1120159
ハリボテ構造のキャブベース、燃料タンク、作動油タンクもプラ棒などで補強し小細工
上部架台のパワーユニットベースもプラ板構造からプラ棒で補強
各パーツぼ接着剤からビス取り付けに変更
塗装もやり替えて、転写シールも張り替え
ほぼビス止めなのでこんな感じでバラしと組み立てが出来ます

P1120161 P1120169
手摺は、0.3㎜プラ棒から0.25㎜針金の半田付けに変更
輸送や組み立てで遊んだりするので手摺もBBXで着脱出来るように
組んで復活

昔小細工したやつを見ると色々とひどい小細工が目につきますが、まあこんなもんと言う事にしてます

さて次は、コマツと来れば日立でしょうでEX1200の小細工などを

« NサイズPC1250で遊んでみよう | トップページ | NサイズEX1200を小細工 »

Nサイズ建設機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NサイズPC2000を修繕:

« NサイズPC1250で遊んでみよう | トップページ | NサイズEX1200を小細工 »