« Nサイズ?チップラーの小細工 もう少し | トップページ | PC1250の小細工続き »

2017年4月16日 (日)

小細工再開 PC1250

ご無沙汰してます
 
熊本震災から丁度一年になります
去年の4月15日は前日の余震で奥さんの実家がある熊本に移動、家の中の片付けを終えて一息ついていたところへ本震が発生し、屋外で夜明けを待っていました。
致命的な被害には成らなかったのですが、水回りがダメになり結局は全面リフォーム
打ち合わせやら確認やらで熊本に行ったり来たりで落ち着かない一年になりました。
 
ブログのアップも疎遠になり、ここ半年は休止状態でしたが、一年を迎え落ち着いてきたこともあり再開することに
とはいっても、ネタが思いつかず頭をひねっていたのですが、勤務先で現行の180t級油圧ショベルを120t級にサイズダウンして更新を検討しているので、この辺のところから始めることにしました
 
メーカー各社のHPに行って120t級油圧ショベルのカタログを落としてロボ用の図面書きから始めます

Photo_5  Photo_6
PC1250のロボ用寸法図
左がボディー、キャブ周り、右は作業機、カウンター、手摺などです
コマツのカタログはロックがかかっているので、スナップショットが使えませんので、アクロバットで開いたカタログから花子の透過機能で直接トレースして図面を起こします
スナップショットが使えれば、花子に張り付けて比較的簡単に出来ますが、直接トレースはずれることもあり気を使います

P1120038_2 P1120048
ブーム、アーム、バケット
ロボで切り出した0.2㎜プラシートを、プラ棒、プラバンで補強します
実は、画像のブームは補強に△プラ棒を使ってますが、失敗したので□プラ棒でやり直しになりました
ブームシリンダーは、EGの2..4Φプラパイプ、アームシリンダーはアーム幅3.2㎜に2本出すので1.3㎜真鍮パイプを使ってます

P1120046 P1120049
作業機を組んでレボフレームも小細工

P1120047 P1120045
パワーユニット、燃料タンク、作動油タンクなど
作業機と同様にロボで切り出したプラシートを補強して
ベースプレートに置いて様子を見ます

昨年の熊本地震後は、Nゲージレイアウトやワールド工芸のプラシリーズを組んだりしてのでこの手の小細工は1年近くご無沙汰でした
そのせいなのか、年のせいなのか、久々の小細工は失敗続き

それはおいおい紹介いたします

« Nサイズ?チップラーの小細工 もう少し | トップページ | PC1250の小細工続き »

コメント

最近更新が無かったのでお忙しいと思ってました。

バケットかっこいい出来ですねぇ。腕が鈍ってるとは思えません!

ヘッポコ出戻りモデラーさん ドモドモ

前にもコメントを頂きながらRE:もせず申し訳ありません
何せ勘でやってることも多いので、寄る年波戻りも遅いようです
ボチボチ戻したいと思いますので、またよろしくお願いいたします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557816/65154827

この記事へのトラックバック一覧です: 小細工再開 PC1250:

« Nサイズ?チップラーの小細工 もう少し | トップページ | PC1250の小細工続き »