« Nサイズ?チップラーの小細工 | トップページ | Nサイズ?チップラーの小細工再開 »

2016年5月15日 (日)

Nサイズ?チップラーの小細工その3

鉱車の小細工が続きましたが、ようやくチップラー本体の小細工
画像が殆どないのですぐ終わりの様に見えますが、図面はなし、寸法取りも適当にやって、出たとこ勝負の小細工なので手間だけは結構かかってます

C21 C20
主要材料は、パ○ロン点鼻薬の空き容器
鉱車の寸法はこれに合わせて小細工してます
右の画像は、鉱車の転車台になります
キャップから切り出したフレームにプラ板とNサイズのフレキブルレールを接着
強度確保用のビームは2mmφプラ棒
この手の実機には、前後の支持フレーム以外フレームは有りませんが、動くおもちゃにしようと輪ゴム駆動用のプーリーを追加で小細工
鉱車にハイキューパーツのネオジムサポートパーツ、レールの中央にネオジム磁石を付けて、転車した時に鉱車が落ちないように磁力で保持させます
磁石と鉱車が直接接触ないよう、かつ距離がありすぎて落ちないようクリアランスを調整しますが、この辺の試行錯誤は結構手間がかかります

C7 C6
転車用駆動装置はタミヤの楽しい工作の減速機を大人買いして、そこから選びます
いろいろ試して回転の具合が良さそうな低速ギヤボックスを採用
ギヤボックス側のPTOは、輪ゴム駆動用プーリーにして回転数を5rpm位に

C16 C14
転車動作は正逆スイッチと押しボタンを使って制御
転車位置から入出車位置に戻すとき定位置に止まるようストッパーがありますが、目立たないよう小さくしたところ、ギヤ比が大きいのでスイッチを入れっぱなしでは、転車台を持ち上げてしまうので押しボタンを併用しインチングで
ヘッポコ出戻りモデラーさんのアイデアをパクらせて頂いて、クレーンを持ち出して1枚

奥さんは、熊本に実家の復旧打ち合わせに
こちらは、一応まだ現役なので仕事もあり待機
復旧予定は、なかなか具体的にならずヒマといえばヒマですが、イライラもする中途半端な状況ですが、次の段階になるまで動けません
我々より深刻な方はまだ沢山居られますので、無理は言えませんが早くキリをつけたいもんです

« Nサイズ?チップラーの小細工 | トップページ | Nサイズ?チップラーの小細工再開 »

Nサイズジオラマ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰です。

トランスファーテナーも力作ですね。TCMのNスケールが絶版(当時から入手難でしたが)になれば、自作しか無いですよね。

次はチップラーですか。これ、なかなか危険で効率が悪い設備だと聞きます。未だに非金属鉱山では使ってる所もあるんでしょうね。
バッテリー機関車にも乗るんで、大先輩から色々と聞きますよ。

Big Muski さん ドモドモ
RE.が大幅に遅れてしまい大変申し訳ありません
再開しましたので、またよろしくお願いします

チップラーは、前に勤務した鉱山にまだ現役で活躍してました
他にも現役が有るようです
ロコではなくワイヤーロープに鉱車を引っ掛ける曳索方式でした
確かにBCに対しては効率は悪いのですが、カーブBCが一般的でなかった時代には曲線で引き回せる運搬手段として結構普及していたようです
鉱石の運搬手段としては、架空索道と言うのも有ったようですが、これは廃棄設備は見たことは有りましたが稼働中のものは見たことは有りません
先輩の話では、ゴンドラが行き交うのは中々壮大だったようです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557816/63634826

この記事へのトラックバック一覧です: Nサイズ?チップラーの小細工その3:

« Nサイズ?チップラーの小細工 | トップページ | Nサイズ?チップラーの小細工再開 »