« NサイズのRTG お仕舞に | トップページ | Nサイズ?チップラーの小細工 »

2016年5月 4日 (水)

Nサイズ?チップラーの小細工

奥さんの実家が熊本震災で使えなくなり、被害状況の確認やら片付けを熊本に居る従兄弟にお願いしてますが、復旧もやっと動き出しそうで連絡やお願いやバタバタしてます。
小細工もヒマを作ってチョコチョコとなのでほぼ停滞

で、今回のネタですが、馴染みのない人が殆どだと思います
ナローなどでたまに出てくるようですが、昔は鉱山で鉱石運搬用トロッコから払出しに使われていた設備で、ロータリーカーダンパーで引くとWikにあります
採石屋さんが、ピカピカの新入社員だった時の勤務地にもあり、そこでは殆ど働いてなかったのですが、時は流れてホンの4.5年前まで勤務した現場で再会
そこでは立派に主役を務めていました
小細工出来ないかと思っていましたが、動きが結構複雑でNのサイズでは無理ぽかったので諦め、その内に忘れてました

この前までやってた、コンテナターミナルに、Nゲージで貨車でも置いてみるべーと思い、貨車移動用のスイッチャーを探してた時に、ワールド工芸の半キャブ貨車移動機を見付け、こいつは鉱車を牽いても様になるかなと思い
ついでに、前に諦めたチップラーも適当小細工でそれらしいものを、と言う事でネタに
ただこれ、Nサイズの鉱山ジオラマだと鉱車に使う軌道はZゲージを使うようですが、予算と手持の資材、小細工レベルからNゲージで
表題にNサイズと書きましたが、スケール的にはフリーサイズになるんでしょうね

Uid000001_201604132022569551f3861 Photo
チップラーの画像
左は手動式でしょうか、右はの旧三井田川鉱業所の石炭資料館にある展示品
展示品は、何も付いてませんが、動作としては鉱車を手前の道床にあるチェーンで本体内に送り込み、車輪をクランプで固定、回転して払出し、固定用クランプを解放後本体にあるプッシャーで鉱車を送出す、送出された鉱車は、傾斜を利用し自走で本線に戻る
という言うのが一連の動きです
youtubeに動画もありますが、こんな小細工は不可能なので出来る範囲で
https://www.youtube.com/watch?v=na9l9voseTk#t=30

C1 C2
ネタのきっかけワールド工芸の半キャブスイッチャー
500円玉にも乗る大きさで全長30mm弱
標準はアーノルドカプラーですが、鉱車用に片方だけドローバー風に

C3 C4
鉱車
缶は、クレーンマストの小細工で残った9.5mmφの切れ端とプラ板
足回りは、トレーラータンク車の小細工でジャンクになった貨車から
出たとこ勝負のやっつけ小細工で画像はありません
ロコと連結して

次回は小細工したチップラー本体をご紹介

このネタ、先が見えません
よく言えば試行錯誤、採石屋さん的には出たとこ勝負で画像もほとんど残してません
予想では、動画とは全く違うものになるでご了解のほどを

熊本では、まだ余震が続いてますが、だんだんと復興に向かい動き出しているようです
少し前までは、業者さんに尋ねても建設資材の調達も見込みが立たなかったようですが、5月に入りインフラ整備に合わせ資材も回っているようです
こちらも、合わせて少し忙しくなりそうでが、深刻な被害に遭われた方に比べ、まだましな方で1日も早く元の生活に為ですので愚痴は言ってられません

 

« NサイズのRTG お仕舞に | トップページ | Nサイズ?チップラーの小細工 »

Nサイズジオラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nサイズ?チップラーの小細工:

« NサイズのRTG お仕舞に | トップページ | Nサイズ?チップラーの小細工 »