« ジオコレコンビナートで遊ぼうその4 | トップページ | Nサイズパイプレイヤー(その2) »

2011年9月 3日 (土)

Nサイズパイプレイヤー

コンビナートの細工してましたが、パイプラインの参考にと検索して「パイプレイヤー」というのを吊り上げました。砂漠などの広大な土地でパイプラインの敷設の時に使われているようです。我が国では、大規模な敷設が無いようで、コマツ、CATのHPにもカタログが見当たりません。海外のモデルメーカーでは何種類か販売されているようで、今回はそれを参考に小細工してみます。

Wdsc_1769_edited11

ケンクラフトさんのブログにある1/50のCAT 587T パイプレイヤーです。詳しい画像はこちらへhttp://kenkraft.cocolog-nifty.com/blog1/2011/01/cat-587t-3ce3.html

Pr1 Pr4

ザ建機vol3のD155風をバラしてコマツイエロー風で吹きます。キャビンがバラせると楽なんですが出来ないので、マスキングしましたが継ぎ目あたりがうまくいきません。丁寧にやれば良いはずなんですが、性格でしょうか。ベースがモスグリーンだったので、薄く白のサフを吹いてから塗装。画像を参考にマスト、フック、ターンバックル、ウインチボックス、カウンターウエイト、ワイヤガイドを小細工。さて、右の画像でどれがどのパーツなのでしょう、ケンクラフトさんサイトにある画像を参考に当ててみてください。どれもこれも小さいのでまさに小細工です。サイドにあるカウンターウエイトホルダーは、リッパー装置を少し小細工すれば使えそうなのでこれを流用。

Pr3 Pr5

ウェイトホルダは0.5mmプラ版でマウントを小細工して引っ付けます。マスト用のマウントも同様に。いつものようにマストとカウンターを仮組して様子を見ます。

Pr7 Pr8

ホイストワイヤーを組んで試運転。いつものよう、にウインチにはビスを仕込んでマストの伏起やホイストの巻き上げが出来るようにしてます。遊びが目的なので、可動出来るように小細工するのですが 、どうしても可動部分は強度の関係もあり繊細さに欠けますが、良しとします。

後で、工事現場を小細工して遊んでみます。

台風の進路から外れていますが、豪雨に見舞われています。今日あたり対応のため出勤と思っていたのですが、雨は今日が山ということで安全のため待機にしてます。被害がないことを山の神である大山祇にお願いしてます。

なので、今日はハラハラ休日に。台風情報や降雨情報見ながらブログ。

« ジオコレコンビナートで遊ぼうその4 | トップページ | Nサイズパイプレイヤー(その2) »

Nゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nサイズパイプレイヤー:

« ジオコレコンビナートで遊ぼうその4 | トップページ | Nサイズパイプレイヤー(その2) »