« Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その4) | トップページ | Nサイズのドロップボールを小細工(その1) »

2011年6月 6日 (月)

Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その5)

Nゲージのクレーンの小細工を不本意ながら取りあえず終わらせて、少し遊んでみました。門型クレーンヤードに入線させて鋼材を貨車に。いつものように遊びは寡黙に

牽引車両のキャビンが寂しかったので赤色灯と前照灯、サーチライトを後付けで小細工してみました。赤色灯はプラ版にピンバイスで孔あけしてビーズを仕込んでます。一点豪華主義の採石屋さんとしては、ブランド的にスワロフスキーを使いたかったのですが、奥さんによればスワロはカットで球形はないとのこと。仕方が無いのでその辺の転がっていたのを。

Tc41  Tc42

牽引車両に引かれてクレーン台車入線。作業員さん、吊荷も貨車も登場。

Tc48_2   Tc43   

ジブを引き起こして作業の準備を開始

Tc45  Tc44

旋回して、荷を吊って

Tc46  Tc47

旋回して、貨車に荷を下ろして、終わりです。本当に一寸のお遊びでした。

画像にするとそこそこですが、やはり自走式にこだわってクレーン架台を小細工し直します。週末の小細工に向け花子を開いてボチボチとクレーン架台を設計しておきましょう。 

« Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その4) | トップページ | Nサイズのドロップボールを小細工(その1) »

Nゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その5):

« Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その4) | トップページ | Nサイズのドロップボールを小細工(その1) »