« Nゲージのクレーンを小細工してみよう | トップページ | Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その3) »

2011年5月21日 (土)

Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その2)

今週も総会やら業界の会議を2つこなして。本当は3つあったんですが、重なったので一つは代行者に頼みました。懇親会が一つ自粛となったので合間を縫って小細工してます。

自走式を狙いましたが、構想倒れ。モーターをカバーで隠してそのに旋回架台を乗せると、どう贔屓目に見ても不恰好。夢と現実のギャップを今更ながら知らされました。他にアイデアも浮かばず、しからばオーソドックスにと言うことで、即方針変更。

Tc11  Tc13

チ-1の木材を降ろして、ごく普通にクレーン架台を乗っけてみました。何とかなりそうなので、自走式に後ろ髪をひかれながらも残りの小細工。

Tc14 Tc15 Tc16

今回はクレーン架台の動力部も小細工。ホイストドラム、GMの床下機器から原動機、駆動チェーンカバー、レシーバー燃料タンクを流用。黒鉄にシルバーで汚しを入れて塗装、旋回架台に配置します。う~ん、小細工感一杯ですな。

Tc25  Tc17 Tc18

チー1に旋回架台を組んで「まあ、いいか」にして。自走式はとりあえず断念しましたが、ポケットラインを無理やり使おうと専用牽引車を小細工。GMの保線車両のジャンクを流用して運転席を。3面はあったのですが、肝心の前面を昔小細工で使ってしまったので、プラ版で自作。モーター部目隠しのアオリは0.3mmプラ版にロボでリブを切り出して貼り付けて。上から目線に対してはシートを細工予定です。

ホイストワイヤーの巻き上げは、今までのやり口で何の工夫なくやってますが、ブライドルの小細工はサボろうと。なので、ジブ起伏のペンダントロープの処理を、どうしようか頭をひねってますが、苦戦してます。月金の5日間考えて土日に小細工のサイクルなので、思いつかないと土日にやることがなくなります。頑張らねば。

   

« Nゲージのクレーンを小細工してみよう | トップページ | Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その3) »

Nゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その2):

« Nゲージのクレーンを小細工してみよう | トップページ | Nゲージのクレーンを小細工してみよう(その3) »