« HOサイズブルドーザー(その2) | トップページ | Nサイズオールテレクレーン »

2010年8月27日 (金)

HOサイズブルドーザー(その3)

その3にして漸く組立完了。検収書発行です。

Photo

リッパー装置をセット(おっと、この画像ダブりましたが、構わず話は続きます。)。1/87クラスの良い所は取り外しを想定してあること。飾るだけでなくこんな風に遊べます。Nより先にHOの建機で遊んでたので、Nでもついつい動かしたり、外したり出来るよう小細工してしまいます。Nから始めていれば、もっと大人しく楽しめたかも。

Photo_2

最後にキャビンを取り付け。ROPS付きで転倒したときオペレーターを守ります。安全装置ですから当然規格があり、横からの加重に耐えられるかで決まるようです。昔、CATが実験してる実写を見たことがありますが、10m位の所からD9クラス横向きにゴロゴロ落とすんですがキャビンの形が残っており、すごいと感動した記憶があります。FOPSというのもあり、これは上からの加重対応でヘッドガードと呼んでました。昔の建機はこの手の安全装置ありませんでした、なにせキャビンさえも無いのが普通でしたから。今はエアコン標準装備、安全装置もバッチリで隔世の感があります。

Photo_3

組立完了。普通には試運転、検収して終わりなんですが、採石屋さんでは実負荷で2,3日メーカーさんの運転整備指導も兼ねて試運転した後で検収してました。メーカーさんは無理言ってましたが、メーカーさんも今ほどビジネスライクでなく、良い時代でした。

Photo_4

検収後ちょいと細工。何が違うかと言うと、よく見ないと分かりませんがこれは油圧ホース付です。kibriの建機には基本油圧ホースは付いてませんので、ホイールローダーでもやりましたが自作しました。たいした細工ではないのですが、サイズ的に合うホースの素材がなかなか無い。リード線からエナメル線だけ抜いたりして試しましたが、どーもしっくり来ないので秋葉まで主張し1.1mmのチューブを仕入れて使ってました。これが堅さといい、中に0.8mmの真鍮棒を入れて油圧ホースの口金風に細工するのですが、出来上がりの感じといい気に入ってます。Nサイズ用にこんなのが有ればと思っていますが、秋葉でもこれより細いチューブは探せませんでした。どなたか情報があればお願いします。

では、Kibriやってる人は余りいないと思いますが、最後に自作の油圧ホースをご披露してこのシリーズをお開きに。

Photo_5

次回は、Nサイズのオールテレクレーンと言うのを。苦労した割りに出来がイマイチですが、ネタがないので無理やり

« HOサイズブルドーザー(その2) | トップページ | Nサイズオールテレクレーン »

HOサイズ建設機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOサイズブルドーザー(その3):

« HOサイズブルドーザー(その2) | トップページ | Nサイズオールテレクレーン »