« HOなクラシャーを作ってみました | トップページ | HOなクラシャーを作りました(その3) »

2010年6月12日 (土)

HOなクラシャー作りました(その2)

HOやってた頃の工作の続き

この工作は、元々HOでは建機もやりましたが、クレーンが気に入って何台か作ったときの吊り荷と作業風景用として。ドイツのKibriを作ってましたが、作り込みも出来る結構よく出来たプラモです。夢はデカイ砕石プラントのジオラマでしたが、経済事情と住宅事情でさっさとあきらめ。未練もあったのですが事業仕分けの対象になってしまいました。今はNザイズがいろいろ揃いそうなので、こちらでちまちまと小細工を。こちらも今のところ一応予算が付いてますが、ネットであまり派手にポチポチやると監査が入りそうなのでおとなしくやってます。

H81_a1_4   

本題を。参考にしたジャイレトリークラッシャーの実機です。坑内にも設置できるように3分割できるタイプ。川崎重工と宇部興産の破砕機部門が合併して出来たアーステクニカのHPwww.earthtechnica.co.jp/crushing/c81/から。ここは動画もあって、どんなものか分かります。興味のある方は一度行かれてはいかがでしょう。

Photo_6

で こちらは、設置ベースの工作。スチロールで適当に。梁用の基礎掘りは事前にやってます。何事も段取りは大切です。

Photo_7

何とかなりそうなので、仮組み。梁や床はスチロールで。工事業者さんたちも見に来てます。頭をぶっつけるところがないかチェック。取り合いは良さそうです。給鉱シュートとスパイダー周りにシュートも。

Photo_8

クリアランスも問題なさそうなので、シューと塗装します。梁、床、基礎は基本コンクリートなのでグレーにつや消しクリヤーを重ねて、シュート周りは赤鉄色で

Photo_9

据え付け工事完了。正面の坑道には破砕した鉱石を引き出すBC(ベルトコンベヤ)を置きます。と言うわけで、この後BCと修繕用天井クレーンを。まだ続きます。

« HOなクラシャーを作ってみました | トップページ | HOなクラシャーを作りました(その3) »

HOサイズ建設機械」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HOなクラシャー作りました(その2):

« HOなクラシャーを作ってみました | トップページ | HOなクラシャーを作りました(その3) »