« Nサイズラフタークレーンの小細工など | トップページ | Nサイズラフタークレーン小細工その3 »

2010年5月 9日 (日)

Nサイズラフタークレーン小細工その2です

ニッポンの建機と建機コレクションのラフタークレーンには作業姿勢のヴァージョンがあるのでジブを小細工。

1

ニッポンの建機のKATOSR250Rのジブです。こいつをニッパーでパチパチやってしまいます。

Photo

ジブとフックブロックを切り離しますが、ギリギリでやりたいので結構気を使います。ジブ屈起用のシリンダー側もばっさりとやります。

Photo_2

1mmのプラ棒と0.5mmの真鍮棒でこんなを作ります。1mmのプラ棒に縦方向で穴を空けます、なかなか真っ直ぐには行きませんが、そこは適当に誤魔化して。0.5mmピンバイスが大活躍です

Photo_3

ジブとフックブロック、ジブ屈起シリンダーに、またまた0.5mmのピンバイスで。組み立てるとそれらしいジブに。

Photo_4

一応ジブは取り外しが出来ます。でもまた組むのが面倒なので組みっぱなしにしてます。で、もう一台入手してジブだけ切り離しこんな感じでブームだけ仕様も。

Photo_5

フック、フックブロックに糸を通してボディの中でとめてホイストワイヤーに見立ててます。糸はいろいろ使ってみましたが、奥さんのアドバイスでニット用レジロン糸というのが若干弾力性があり、ほつれがでないので良いようです。吊り荷はグリーンマックスの変電所からはずした変圧器、建物は変電所でただいま解体中。今回はKATOSR250Rだけになってしまいました。建機コレクションのコベルコパンサーX250も同じ手口で小細工してます。こっちは次回あたりに

« Nサイズラフタークレーンの小細工など | トップページ | Nサイズラフタークレーン小細工その3 »

Nゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nサイズラフタークレーン小細工その2です:

« Nサイズラフタークレーンの小細工など | トップページ | Nサイズラフタークレーン小細工その3 »