« Nゲージの油圧クローラ | トップページ | 建設機械コレクションで採石場 »

2010年4月24日 (土)

Nサイズの油圧ドリル

昨日の続きですPhoto

塗装して仮組みしてみました。キャビンと色が合ってない、色むらがある、全体的に歪んでると不満はありますが良しとしておきましょう。

Photo_2

足回りですが、下がFtoysPC200、上はザ建機のZX200長さと高さが違います。油圧ドリルの足回りは短いので上を使います。残った足回りはZX200に引っ付けてLCタイプに利用できるかも。

Photo_3

マスト用のブームを取り付け、シールを印刷して貼り付け、本体廻りは完成。塗装は缶スプの後でつや消しクリヤーを吹いてますが、時間がたつと落ち着いてきたのでほっと一安心。

Photo_4

作業機をIビームとプラ棒で作ります。これにロッドローテーターという装置がつきます。

Photo_5

ロッドローテーター、5mmプラ棒や1mmのプラ角棒で作りました。ロッドは0.5mmのペンシルの芯です

Photo_6

作業機に塗装して組み付けると完成。実機はこれに油圧ホースがグジャグジャ付きますが、今回は省略です何せ1/150ですから老眼にはとても無理です。油圧ドリルは建機好きでもあまり知られていないかも知れませんが、採石屋には不可欠な建機です。詳しくはこちらメーカさんのサイトへwww.furukawarockdrill.co.jp/

« Nゲージの油圧クローラ | トップページ | 建設機械コレクションで採石場 »

Nゲージ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Nサイズの油圧ドリル:

« Nゲージの油圧クローラ | トップページ | 建設機械コレクションで採石場 »