2017年8月17日 (木)

NサイズEX1900ローディングタイプでチョイとお遊び

世間はお盆も明けて、なんとなく落ち着いてきたようです

現役で採石屋さんをやっていた時は、まとめて休みが取れるのはお盆と正月だけだったのでいろいろ雑事がありそれなりに忙しくしてました
リタイヤで今年はのんびり過ごす予定でしたが、お盆前に肺炎球菌のワクチンを接種すると熱は出るわ、腕は腫れて痛いわ、おまけにぐらついていた奥歯がいよいよいけなくなって歯医者に駆け込むわで散々

というわけで、アップは今日に

P1120280 P1120282
EX1900ローディングショベルを現場に持ち込んで積み込む作業を
相手が60t積ではベストマッチとは行きませんが、これしかないので

P1120317
ひとしきり遊んだので分解して収納
何せ展示スペースが限られているので、次の車両に駐車スペースを譲らなければならず、こんな感じでオールテレクレーンとか大型のクレーンは100均のケース行きで、ついに建機も100均ケース行きが
それにしても、もう少しスペースが有れば、Nの鉄道模型や1/150のいろいろを全部並べて、その前でコーヒーを飲むという夢が叶えられるのですが

P1120330_2  P1120343

これ、ローディングショベルの作業機を小細工している時に思い付いた小細工です
画像は作業機と走行架台ですが結構デカい
実機は780tだそうです

この小細工もおいおいご披露したいと思います

2017年8月 6日 (日)

NサイズEX1900をローディングタイプ完成です

暑い日が続いて、還暦を過ぎた身にはことほか堪えますな
なるべく閉じこもってジッとしてますが、たまには用事もこなさなければならず
いやいや出かけますが、帰ったとたんぐったり
まあ、リタイヤしたのだから、今はこの状況も楽しんでます

ローディング用の作業機ですが、今回で完成です

P1120262_2 P1120258_2
ローディングの作業機で、小細工前に一番頭が痛かったのがバケットでしたが
カタログの図面を眺めていたら、ビス止めで意外と簡単にできそうなのでやってみました
構造としては、カッティングダンパーと同じなので、プレートとダンパーのヒンジを1mmビスで止めることにして、プレート側に□2mmプラ棒を接着、後は適当にプラ板を重ねてます

P1120259
出来上がりは、いささか不細工ですがこんなもんで妥協します

P1120260 P1120261
レボフレームとブームシリンダーはバックホーと共通にして省力化(手抜きともいう)
口を開けたところは、昔のアニメのヤターワンを彷彿させます

P1120264 P1120267
塗装して組みます
一応日立の60tに積込して完成

前回も書きましたが、ローディングはほとんど実車を見ることがなかったのですが、小細工してみるとなかなか格好がよろしい
今までの採石屋さんならPC2000のローディング化となるところですが、リタイヤした採石屋さんはひと味違う
同じフェイスショベルでもちょいと変わったものを始めてます

そちらの方は追い追い

2017年7月30日 (日)

NサイズEX1900をローディングタイプに

夏休みシーズンに入り、かつての通勤経路は連日渋滞のようですが、解放されて2年目になるとそれも結構懐かしいような
シーズンとは言え、世の中こんなに暇な人が多いのかなどと愚痴ってましたが、その暇な人になると許せるような気がしてくるので勝手なものです
それでも、まだ人込みに飛び込む元気はないので、オタクしてます

EX1900のカタログに、ローディングタイプの作業機の仕様が有ったので小細工
PC2000のカタログも有りますが、コマツのカタログはスナップショットが出来ずトレースが面倒で見送り、出来る方のこっちで

Photo Photo_6
ローディングタイプの作業機とトレース図

P1120255 P1120256
トレースからロボ用の図面を起こしプラ棒で補強
ブームとアームは、形状が比較的単純なので、3㎜と2㎜のプラ棒をロボで切り出した台紙に張り付けてからハイパーカットソーで切り出しています
実機のブーム寸法は、バックホーとローディングでは幅が若干異なるようですが、レボフレームを使い回したいので小細工では同じにしてあります

P1120257 P1120263
油圧シリンダーのブラケット
ブームシリンダとバットシリンダー、アームの3つがこれ1つにまとめてます
ブームとアームにアームシリンダー用のブラケットも小細工

新入社員だった40数年前に、UHのローディングタイプを使ったことがありましたが、後にも先にもそれ1台きりで、その後はバックホータイプばかりだったのでブラケットがこんな感じだったのか、全く覚えておりません
運転重量100t以下だったので、掘削力も小さく、補助のブルドーザーが必要であまり効率が良くなかったような気がします
砕石では、歩留まりを考え破砕原石が小さくなるような発破はせず、比較的大きめになるような発破設計なので、掘削力が比較的出るバックホーが圧倒的に多く使用されてます
実機にしろ模型にしろローディングショベルを手にするのは数十年ぶり

作業機だけなので視界は早くも完成



«NサイズEX1900を大修繕ほぼ完了